とくひさ薬局では、転職・就職をご希望する方を対象として

随時見学会を実施しています!

(WEB対応可能)


【概要】
 見学はとくひさ中央薬局で実施します。
とくひさ中央薬局は、月に2000枚の処方箋を応需する地域に根差したかかりつけ薬局です。近隣の医療機関だけではなく、大学病院などの専門医療機関からの処方箋も多く応需しています。
当薬局の強みの1つに、在宅医療部があります。毎月400件以上の在宅訪問業務を実施しています。認知症、慢性疾患、癌、神経難病をはじめとして高度な薬剤管理支援を必要とする患者さんにも積極的な支援を実施しています。
 現在とくひさ中央薬局には、外来専任の常勤薬剤師が3名。在宅訪問専任の常勤薬剤師が4名、事務スタッフが6名在籍しており、充実した人員体制となっています。
 ところが近年、かかりつけ薬局及び在宅医療ニーズの増加により、当薬局への処方箋調剤の依頼が急増しています。特に、無菌調剤、在宅輸液療法、終末期医療、小児在宅医療をはじめとして、質の高い高度な薬剤管理を提供可能な当在宅医療部では、訪問依頼が急増しています。 是非、とくひさ中央薬局が誇る薬剤師の仕事をのぞいてみませんか?

 


【体験できる内容】

  • 外来調剤見学

→とくひさ中央薬局の外来調剤業務をご見学いただけます

近隣クリニックのみでなく、大学病院や大型医療機関からの処方箋もたくさん応需しています。地域住民に頼られるとくひさ薬局の外来調剤を見学しましょう!

  • 在宅訪問同行

→薬剤師に同行して患者さんのお宅を訪問していただけます。

1日に5〜10件程度の訪問をこなす薬剤師に同行して、リアルな薬剤師の仕事を体験しませんか?

対象疾患は、癌終末期、慢性疾患患者、特定疾患(神経難病、自己免疫疾患など)、小児疾患など様々です。

 

  • 無菌調剤見学

→とくひさ中央薬局には無菌調剤専用ルームがございます。

高カロリー輸液の無菌調剤、麻薬注射剤の無菌充填をご見学いただけます。主に月曜日と金曜日は無菌調剤業務が集中しています。

  • 在宅医療における輸液及び注入ポンプ管理業務

→とくひさ中央薬局では在宅医療において輸液療法を受ける患者さんを支援する目的で、在宅用注入ポンプのレンタル事業を行なっています。常に25台のポンプが稼働しており、在宅輸液療法や注射剤投与を支えています。薬剤師に同行訪問して、在宅輸液療法の管理について学びましょう。

  • 高齢者施設における薬剤管理

→とくひさ中央薬局では6つの高齢者施設(老人ホームなど)において、薬剤管理業務に取り組んでいます。

施設での薬剤管理支援業務を学びましょう。

  • カンファレンス

→タイミングが良ければ、退院前カンファレンスや在宅担当者会議などへの参加に同行可能です。

  • システム化された訪問業務の見学

→在宅医療部では様々なIT技術を活用した最先端の訪問業務管理を実施しています。

 

クラウドシステムを活用した電子カルテシステムや訪問スケジュール管理、多職種連携用ICT、患者情報や業務マニュアル等の管理システムを体感しませんか?
   

 

【応募方法】

直接お電話またはメールください

担当薬剤師:小林 080-1955-8925、shota.kobayashi32@gmail.com
ご質問なども受け付けています。いつでもお気軽にご連絡ください。

 

【募集期間】
随時募集

*オンラインでの薬局見学・面談も、いつでも受け付けています。

 

【所要時間】
ご希望をお聞かせください。短時間の説明・面談から1~2日間にわたるインターンプログラムも可能です。

 *Web面談は1~2時間程度で会社説明と面談を実施できます。

 

【応募資格】
中途採用希望者、薬学生(低学年生も可能)

 

【交通費】 

当社規定により支給いたします。遠方からの参加を希望される方は事前にご相談ください。